男性型脱毛症の改善薬について

男性型脱毛症はそのなかのひとつです。
脱毛症は遺伝だけではありませんが、このタイプの脱毛症は遺伝による要素が比較的大きいとされています。

男性型脱毛症の特徴として脱毛がこめかみの上から始まり、生え際が後退していきます。
そのためM字型脱毛ともよばれます。
男性ホルモンのテストステロンが酵素の働きで変化して作られる物質のひとつにジヒドロテストステロンがあります。

ジヒドロテストステロンは皮脂腺にある受容体と結びつき、結合すると過剰な皮脂を分泌されます。
そして過剰な皮脂が毛穴を塞いでしまい、毛が抜けやすくなります。
またそれだけでなく毛乳頭の受容体とも結びつき、毛髪が十分に成長する前に抜けてしまいます。
こうして起きるのが男性型脱毛症です。

ジヒドロテストステロンと結びつく受容体は頭皮に一様に分布するのではなく、多く存在する場所とそうでない場所があります。
男性型脱毛症はこめかみの上あたりから進行するのはこの位置に多く分布するからです。
また遺伝的な要素があり、受容体のタイプが男性型脱毛症に関与していると考えられています。

男性型脱毛症の改善薬でもっとも一般的なものはテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することを抑制することで脱毛を改善するタイプのものです。
変化するときに大きな働きをしている酵素があり、それが5αリダクターゼです。

5αリダクターゼの作用を低下させることができれば、抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロンも少なくなり、脱毛症を改善することができます。
そしてそのなかでも有力なのが、米メルク社が開発した抗アンドロゲン薬であるフィナステリドです。
国内で処方してもらおうとしても保険のつかえない自由診療となるため高額になってしまうという問題があります。
ところが個人輸入により安く購入することができるようになっています。