何故男性の方が禿げやすいのか

男性の禿げの多くは男性型脱毛症が原因であり、男性ホルモンが大きく関係しています。
男性型脱毛症は、生え際の前頭部やつむじ周辺の頭頂部のどちらかもしくは、両方が薄くなります。
最初は抜け毛が増え始め、次第に生えてくる毛が細くなり成長しきらずに抜けるようになります。
男性型脱毛症は進行性のため、改善・治療を行わない場合には、最終的に産毛のような細い毛ばかりとなり、地肌が目立つようになります。

男性型脱毛症を改善するためには、内服薬や外用薬を使う方法があります。
代表的なものにフィナステリドとミノキシジルがあります。
専門病院にいくことで、症状にあわせて薬を処方してもらうことができます。

また、男性型脱毛症は、生活習慣がかかわっています。
生活習慣を改善しなければ、治療を受けていても効果を得られないことがあります。
生活習慣の改善としては、食生活、睡眠、喫煙、シャンプーなどがあります。
特に、食生活は重要です。
食事から髪の毛を健康に保ったり作り出すために必要な栄養素を補給することが大切です。
必須ミネラルのひとつである亜鉛やビタミン類、ノコギリヤシなどを摂取することで、体の内側から育毛を助けることができます。
不規則な食生活や外食の多い人などは、必要摂取量を満たすことが難しいため、サプリメントを上手に使うことです。

また、血行促進も育毛にとって重要なポイントになります。
髪の毛を作り出す毛乳頭は、血液から栄養や酸素を取り込むため、血行が著しく低下すると発毛しにくくなります。
そのため、頭皮マッサージやスカルプケアのできるシャンプーを使い頭皮の血行促進を行います。
喫煙や睡眠不足、ストレスを溜め込むことは、血行不良を引き起こすため、注意が必要です。