男性型脱毛症のために改善すべき生活習慣

男性型脱毛症には、様々な治療法があります。治療薬であるプロスカーで薄毛にピリオドを打ったり、植毛をしたり等が挙げられますが、治療をしていく中で生活習慣を改善しなければ効果が出にくいことがあります。
生活習慣には、食生活や睡眠、運動、ストレス、喫煙など何気ない生活の一部が悪影響を及ぼしている場合があります。
そのため、男性型脱毛症の人は、生活習慣を改善することで、治療効果をより高めることが可能になります。

改善すべき生活習慣には、食生活が重要です。
栄養不足になることで、治療を受けていても髪の毛は生えにくくなります。
食生活では、バランスのとれた食生活を目指します。
現在の食事は欧米化が進んでいるため、肉類や乳製品などの高脂肪・高カロリーが主流になっています。
また、動物性食品を多く摂取すると男性ホルモンの分泌が過剰になってしまい、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えるようになります。
1日30品目を目標にできるだけ多くの種類の食事を心がけることです。
栄養バランスを整えるコツとしては、主菜に副菜を組み合わせたり、昼に肉を食べれば夜は魚介類をなど、3食で摂る食材をなるべく変えることで栄養の偏りを防ぐことができます。
食事だけでは補いきれない栄養はサプリメントなどを上手に活用することです。
髪の毛を構成するためにはビタミンやミネラル、タンパク質などが必要とされています。
サプリメントだけで髪の毛が生えるわけではありませんが、男性型脱毛症の治療効果を高めるためにも栄養をしっかり摂ることは重要です。

他にも、タバコは毛髪にも悪影響を及ぼします。
タバコに含まれるニコチンは、血液に入り血流を悪くする作用があるため、頭皮へ酸素や栄養を運び難くなります。
その結果、毛を作り出す毛母細胞に髪の毛を作り出すために必要な栄養素が十分に届かなくなります。
治療効果を高めたければ、禁煙もしくは、できるだけ本数を減らすことです。

■医薬品でAGAを治療
フィンペシア
■副作用に注意しつつ男性型脱毛症を治療しましょう
フィンカーの副作用とは